【返品種別A】
□「返品種別」について詳しく□
2017年05月 発売


メーカー保証期間 1年


「担当者のコメント」

★スピーカーのボイスコイルから発生する逆起電力は、躍動感に乏しい音楽、平面な音場、薄めの音色となってしまうのです。すなわちリアルで自然な、そして心地よい音楽再生とは程遠いものとなってしまっていたのです。
その逆起電力に強いスピーカーの駆動方式として、"Dクラス"アンプが原理的に優れているとされてます。しかし開発当初は"Dクラス"は音が悪いとマニアの間では定説になってしまったのでした。
それは当時オーディオ的に入念に設計された良質なデバイスが無かったからに他なりません。そこでスペックは創業時から、"Dクラス"アンプのデバイスにPWM方式のインフィニオン社(元 米国IR社)製を採用しています。その採用を決定したのは、あくまでも"音"であったのです。
スペックが採用しているPWM方式は1秒間に何十万回という高速で、そのONの時間の間はアナログ的に動作しており、音声情報を量子化(デジタル化)することはありません。よって同社のアンプはアナログ的に動作しているアナログアンプとも言えるのです。
"Dクラス"アンプは、スイッチングによって電力をコントロールしますので、原理的には熱を発生しません。パワーアンプでありながら、大きな放熱機構を必要としませんし、熱を出さないので、筐体を密閉構造にすることができ、内部に埃が入ることもありません。
また、このデバイスは小型でしかも電源効率が非常に高いので、アンプ部本体の容積を最小にできるだけではなく、周辺の回路やリード線も最短にでき、放熱対策も不要になることで、ノイズ発生を極限にまで抑えることができたのです。
さらに、『 RSA-888DT 』の電源部の電解コンデンサーには、新開発ニチコン製ケミカルコンデンサー「響一」が搭載されています。同社はこれにより更に動特性に優れ、心地よく音楽性あふれる "響き "を生み出したとしています。
「響一」はオーディオ用にレスポンスの速さを求めて、新たに低密度電解紙を開発。さらに素子止めテープにも、ニチコンの「MUSE」コンデンサーから着想を得て新規に開発したテープを採用し、コンデンサーケースも構造を見直し、鳴きを抑えることができたのだと言います。
『 RSA-888DT 』は、2013年に発売された前作「RSA-888」に、このニチコン製「響一」を搭載し、チューンアップした最新の"リアルサンドアンプ"です。前作の特徴でもあった、スピード感のある低域、ハイレゾ音源のもつ透明度の高い中高域の表現力を更に進化させたのです。
このように"Dクラス"アンプの特徴を生かすことで横幅35cmとコンパクトな筐体を実現。さらに筐体に音の良い木が使えたことにより、音楽性たっぷりで、豊かな響きをもつ、温かなサウンドが実現できたのです。
さらに詳しくは、ハイエンドオーディオスタッフブログまで! 


★2016年に発表されたニチコン製の電解コンデンサー『響一(ひびきいち)』は、スペックのエンジニアがその開発段階で音質評価に参加しています。
2013年に発売して高い評価と様々な受賞の実績の前作「RSA-888」に、『響一』を搭載しチューンアップした リアルサンドアンプ RSA-888DT です。


◆電源部の電解コンデンサーには、新開発ニチコン製ケミカルコンデンサー『響一』を搭載
 ・これにより更に動特性に優れ、心地よく音楽性あふれる 響き を生み出します。
 ・スピード感のある低域、ハイレゾ音源にある透明度の高い中高域の表現力を更に進化させ、歯切れがあり心地よい、新次元の リアル・サウンド を実現しました。
◆内部配線系のグレードをアップし、振動対策とチューンナップを行っています。
◆スプルースの単板でカエデ材を挟み込んだハイブリッド構造の木製サイドパネル・インシュレーター(特許取得済み)により、内部振動の効果的な減衰と外部振動を制御します。ハイレゾ音源にある空気感やアコースティックな余韻が楽しめる表現力を実現しました。


■ 仕 様 ■
スペック


(※この説明文は市場店の記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)

【大特価!!】 RSA-888DT スペック プリメインアンプ SPEC-プリメインアンプ

【大特価!!】 RSA-888DT スペック プリメインアンプ SPEC-プリメインアンプ

【大特価!!】 RSA-888DT スペック プリメインアンプ SPEC-プリメインアンプ

読み込み中
読み込み中

CMOアプリができました!

携帯メールにURLを送信する